プーチャン
タイシはまたの名をプーチャンという、という話は朝の更新のときに、記事にのせました。
では、その理由はというと、実はよくわからないのです。
気がついたときにはそう呼ばれていた、のです。

c0094821_1372747.jpg


実はプーチャンは私にとっては連れ子で、ピトママと結婚したときには、すでに
タイシはプーチャンだったのです。私はピトママが呼ぶ、その「プーチャン」という
言葉の響きを気に入って、プーチャンと呼んでいます。
プーチャンも自分のことを呼ばれているのがわかるので、きちんと反応します。

c0094821_1395071.jpg


では、ピトはどうかというと、すでに「ピーチャン」と呼ばれています。
私は「ピー」と呼ぶことが多いのですが、要するに、我が家ではどんどん呼び名は
短縮されていったり、変化していったりします。かなり自然発生的なのです。

c0094821_1454942.jpg


ダーウィンの進化論みたいに、環境、状況に合わせて、名前が変化していくのです。
そして、自然淘汰によって、呼び名が変化していくのです。
なんか、でたらめな理論ですが、我が家的には真実です。

こんなわけのわからない話でも、面白いと思ってくださる方は、
こちらもクリックしてね⇒人気blogランキングへ
[PR]
by pitotaishi | 2006-10-15 22:40 | 猫ブログ
<< ピトとコップ タイシの呼び名 >>



大人になってもいまだに2.2キロのキジトラちび猫『ピト』とお兄ちゃんキジトラ猫『タイシ』の日常生活を綴っているブログです。
LINK
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧